司法書士/行政書士/社会保険労務士
AOBA LEGAL SERVICE OFFICE (運営:あおば綜合法務事務所)

京都市右京区西院の債務整理相談(司法書士・行政書士・社会保険労務士 あおば綜合法務事務所 京都市右京区西院の債務整理相談(司法書士・行政書士・社会保険労務士 あおば綜合法務事務所

過払い金請求

過払い金請求とは

テレビCMでおなじみの大手消費者金融をはじめ多くの貸金業者は、法律で定められた利息の上限を超えた違法な高金利を設定していました。この上限を超えた利息は本来支払う必要のない利息なのです。 そこで、この上限を超えて支払わされた利息を元本の返済とみなします。そうすると当然借金の残額はご自身が認識されている額よりも減ることになります。そして返済期間が長ければ長いほどこの差は広がり、ついには残額は0になり、マイナスになります。このマイナスが過払いなのです。

過払い金発生の例

この過払い金を業者より取り戻します。取り戻した過払い金をもってその他の借金を返済することで一気に借金問題の解決をはかることが可能な場合もあります。

過払い金返還請求訴訟

貸金業者には過払い金を返還する義務があります。 しかし現実には、過払い金の回収は困難であることが多く、貸金業者が交渉での過払い金の返還に応じないこともしばしばあります。 貸金業者に対し過払い金の返還を求めたがこれに応じない場合は、過払い金返還請求訴訟(裁判)にて返還を求めます。 当事務所は法務大臣認定の司法書士事務所です。貸金業者1社当たりの過払いが140万円以下であれば、ご本人様に代わって裁判手続きをすすめることが可能です(訴訟代理)。また、過払いが140万円を超えている場合でも、ご本人様の裁判手続きを強力にサポートいたします(本人訴訟支援)。

完済後の過払い金請求

借金をすでに完済されて取引が終了している方。20%を超える高い利息を払っていませんでしたか? 完済して取引が終了した後でも過払い金請求は可能です。 もし今も借金で悩んでいるなら、過去に利用していた消費者金融がないか思い出してみてください。過払い金を回収していまの借金の返済に充てれば、借金を大幅に減らしたり、あるいは借金がなくなったりするかもしれません。 もちろん、完済してからは一切借金はしていない、いまはもう借金はない、という方でも、過払い金請求は可能です。 「契約書などの書類がなにものこっていないんです・・・」という方でも過払い金請求は可能です。 ※完済後10年以上経過すると過払い金請求は困難になります。よく思い出してみてください。

メリット

  • 1 お金が戻ってきます

    過払い金は文字通り「支払い過ぎたお金」なので、それを取り戻すことは正当な権利です。

  • 2 ブラックリストに載る心配がない

    ブラックリストは返済が滞ったり、不能に陥ったりした人の情報が記載されるリストであるあため、お金を取り戻したからといって名前が載る、ということはありません。

デメリット

  • 1 過払い金請求した貸金業者から借金ができなくなる事があります。

    申し込んだ借金の金利が15%~20%を超えていなければ過払い金は発生しません。そのため、直近の貸金業からの借金や銀行の住宅ローンなどでは発生しないことがあり、過払い金請求した貸金業者から借金ができなくなる事がりあります。

  • 2 同じ貸金業者への過払い金請求はできません。

    一度、過払い金請求をすると、その結果にかかわらず、二度と同じ貸金業者へは過払い金請求をすることはできません。

  • 3 一定期間新たな借り入れやクレジットカードの作成ができない

過払い金請求と個人信用情報

2010年1月、「金融庁は、貸金業者が融資の判断基準として使用している信用情報から、借り手が「過払い利息」を返還請求した履歴を削除させる方針を明らかにした。」との報道がなされました。今後、この方針に基づき信用情報の取扱が整備されることにより、信用低下リスクを負うことなく過払い金請求を行うことが可能となります。

過払い金請求にかかる費用

債権者1社
40,000円
債権者2社
80,000円

債権者3社以上は1社につき30,000円を加算

  • ・過払い金取戻額に対して20%相当額の報酬金が加算されます。
  • ・債務減額分の報酬はいただきません。
  • ・別途消費税を頂戴いたします。
  • ・複数契約の場合や裁判など、別途費用が必要となることがあります。
  • ・郵送料等の実費を別途ご負担いただきます。